ニンニクの苦手な私が試した黒酢にんにく

疲れを感じる原因は乳酸

体が疲れを感じる原因物質は乳酸です。

乳酸は通常は代謝によって消費されていくのですが、代謝が上手く行われないと乳酸が筋肉や肝臓に溜まってしまい体が疲れを感じます。

疲れが溜まると肩こりや頭痛、腰痛などを感じる人がいると思いますが、それは乳酸の蓄積により、細胞が上手く酸素や栄養を取り込めなくなり血液が上手く体内を循環できなくなることで起こります。

疲労を回復するためには、乳酸を溜めないで上手に体外に排出することが大切で、それをスムーズに行ってくれるのが、黒酢に含まれているクエン酸です。

クエン酸は乳酸をエネルギーに変える働きをしてくれます。毎日クエン酸を摂取することで、乳酸が蓄積しにくくなり、疲れを感じにくい体となることが可能です。

アミノ酸で機能を正常化して血行促進

黒酢に含まれている、疲労を回復させてくれる成分にはクエン酸の他に、豊富なアミノ酸もその働きをしてくれます。アミノ酸は体の機能を正常に働かせるエネルギーの元となります。

そして黒酢の色素でもあるメラノイジンが血行を促進する働きがあるので、さらに疲れが取れやすくなります。

疲れた時に甘いものが食べたくなることって多いですね。

確かに頭を使った疲れには糖分の補給が有効なのだそうですが、身体的な疲れには黒酢がいいそうです。

クエン酸とアミノ酸が疲労物質を体外に排出して、体を正常に働かせてくれるので、栄養ドリンクとはまた違った感じで、疲労の回復を実感できますよ。

昔から疲労回復にはクエン酸

小さい頃、サーカス団の子供は体を柔らかくするためにお酢を飲んでいるという噂話を聞いたことがありませんか?

現代では、サーカスの厳しい練習の疲れを癒すためにお酢などを摂っていたのでは?という考えがあるそうで、他にも激しいスポーツの後にレモンを摂るといい、という話も聞きます。

どちらの話も、クエン酸が疲れを取ってくれるという事実がその根本にあり、特に黒酢にはクエン酸とアミノ酸という2つの疲労回復成分があるので、疲れやすいタイプの人は是非摂取されてはいかがでしょう。

▲ ページの先頭へ