ニンニクの苦手な私が試した黒酢にんにく

痩せやすく太りにくい理想の体質へ

黒酢ダイエットは、テレビ番組で紹介されてから一躍有名になりました。

そのポイントは黒酢のアミノ酸含有量の多さにあり、アミノ酸の中のアルギニンやリジン・アラニンなどが脂肪の合成を抑えたり、脂肪の分解を促進するので基礎代謝の量が増えて痩せ易く太りにくい体になるのです。

黒酢でダイエットを考えるならば、黒酢を摂取した後の20分以上の有酸素運動も併用することをお勧めします。

なぜ20分かと言うと、運動を始めて20分までは血中の脂肪を使い、それから先に内臓脂肪や皮下脂肪が使われ始めるからです。

アミノ酸・クエン酸を摂取して20分以上の運動を

つまり内臓脂肪や皮下脂肪を減らしたければ20分以上は有酸素運動をする必要があるのです。

その前に黒酢を摂ることが有効な理由は、黒酢に豊富に含まれるアミノ酸やクエン酸が、運動効果を高めてくれる働きがあるからです。

つまり、ただ黒酢を摂取するだけではダイエット効果はあまり期待できません。

黒酢の摂取(アミノ酸・クエン酸)と20分以上の有酸素運動を併用することで、大きな効果が得られると考えられます。

早ければ1週間ほどで効果を実感

黒酢を飲み始めて最初にダイエット効果的なものを感じるのは、便秘の解消かもしれません。最初に飲み始めて1週間くらいで宿便がすっきりとれたという人もいます。

さらに黒酢を摂り続けて行くと代謝機能が少しずつ上がってきますので、日々の運動を心掛けることで、ダイエット効果が出てくると思いますよ。

黒酢にはアミノ酸がたっぷり入っていますから、アミノ酸ダイエットと同じじゃないか?と考えるかもしれませんが、黒酢にはアミノ酸だけではなくダイエットに効果的なクエン酸も入っています。

クエン酸は細胞内で新しいエネルギーを作る仕事を活発に行うので、燃焼循環がよくなる故に、アミノ酸ダイエットよりも黒酢ダイエットのほうが効果が高いと思われます。

▲ ページの先頭へ